FAQ

『飲食店内での撮影ガイドライン』を作成した理由は?

 レストランやカフェで料理の写真やお仲間の写真をカメラや携帯電話等で撮影することは、いまではよくある風景になりました。一方で、スタッフが気をつけていても、店内で撮影された他のお客様のご迷惑になるような写真をグルメサイト等にアップロードされてしまうようなトラブルも発生しています。
 ほとんどのインターネット上のサイトは、お客様がアップロードされた写真に関するプライバシー等の問題はアップロードしたご本人が解決済み、というスタンスで運営されています。そのため、何かトラブルが発生した場合には、店舗や権利を侵害されたひとがご自分でサイトの運営者に連絡をとって対処している現状があります。(サイト運営者がプロバイダ責任制限法等の法律を理解していなかったり、あえて国内の法律の規制を免れようとしていたりする場合には、問題の解決に想像以上の費用や時間がかかることもあります。)
 店内は撮影禁止というお店でも、例えば誕生日に予約して来てくださったお客様から写真を撮ってもいいですか、と尋ねられた時に『撮影禁止です』とその場でお応えすることはないかもしれません。それぞれのお店でどんな方法であれば店内での写真撮影や、写真のアップロードをお客様が事前の承諾なく行えるのか、わかりやすく表示できる、どなたでも自由に使用可能なアイコンを提供しよう、というのがこのガイドラインを作成した理由です。

店内は撮影禁止、といったポリシー(ルール)は誰が決められるのですか?

 「公共の場」での撮影について法律や条例があるように、レストランやカフェといった「私的な場」の店内でのポリシー(ルール)の設定は、それぞれのお店の裁量に任されています。「男性はジャケット着用」といったドレスコードがレストランで決められていたりするのと同様です。

■ お客様へ

「NC(非営利)」アイコンのついているお店で撮影した写真をグルメサイトに掲載しても大丈夫ですか?

 グルメサイトが私企業によって運営されている場合には営利目的とみなされる場合があります。サイトによってはお店の許可なくお店の情報を掲載した上で、さらにお店側から広告費を集めて収益を上げることを目的としていることがあります。そういったサイトを使って行われているステルス マーケティング行為なども問題となっています。不明の場合はお店の方に確認するようにしてください。

■ お店の方へ

『飲食店内での撮影ガイドライン』を利用する際に、何か登録等の必要はありますか?

 『飲食店内での撮影ガイドライン』は、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下に提供されています。事前の登録等は一切必要ありません。

撮影ガイドラインは店内でどのように表示したらよいですか?

まずはお客様に撮影についてガイドラインがあることに気づいてもらえるようにアイコンを表示してしてください。メニューやお店のPOP等にスペースがあれば、
撮影ガイドラインとして例えば『PA-NF SS NC』を選択された場合には次のような表示をおすすめします。

  (フラッシュ不可)
写真は『撮影可・個人のブログやSNSにアップロード可・非営利のみ』です。

店内で撮影されたお写真のアップロードは、お客様個人や個人のグループのブログやSNSに限定させて頂いています。
商業・営利目的のサイトへの投稿はできません。
  • 直接的には営利目的でなくとも、掲載により間接的に利益を得る目的があると認められる場合は、営利目的と見なされます。
  • お客様個人のブログ中に表示されている最小限の広告やアフィリエイト広告は営利目的とは見なされません。
他の人にご迷惑になるような写真の撮影、アップロードはしないでください。

ほとんどのインターネット上のサイトは、お客様がアップロードされた写真に関するプライバシー等の問題はアップロードしたご本人が解決済み、というスタンスで運営されています。しかし、そういった注意事項は利用規約の文中に短く触れられているだけで、お客様に正しく伝わっていないことが少なくありません。 上記の例のように、インターネットを利用する上での注意点やマナーについてお店からもお知らせしておくことをおすすめします。

撮影ガイドラインのアイコンをお店のウェブサイトに使用できますか?

お店のウェブサイト(ホームページ)をお持ちの場合は、選択された撮影ガイドラインのアイコンを表示することもぜひご検討ください。クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスのもとで使用できます。単に撮影ガイドラインのアイコンを表示する機会を増やすというだけではなく、コンピューターがお店の撮影ポリシーを自動的に判断して撮影ポリシーに違反した写真を誤ってインターネット上に掲載することを防ぐようなことも技術的に可能になります。

『PA-NF SS NC』の場合のHTML要素の記述例(pa-nf-ss-ncの部分を変更すれば他のポリシーに適用できます):
<a href="http://photo-policies.esrille.org/pa-nf-ss-nc"><img alt="Photo Policies" style="border-width:0" src="http://photo-policies.esrille.org/pa-nf-ss-nc.png"></a><br>
写真は<a href="http://photo-policies.esrille.org/pa-nf-ss-nc">撮影可・個人のブログやSNSにアップロード可・非営利のみ</a>です。

アイコンや文字の大きさはサイトに合わせて変更して構いませんが、コンピューターで自動的に処理できるようにhref属性で指定するリンク先には上記の記述例のようにこのサイトのURLを指定してください。

高解像度のアイコンのデータをダウンロードできますか?

以下のリンクからダウンロードできます。メニューやシール等にアイコンを印刷される場合などご利用ください。